利息の簡単な計算方法

借金する場合に何%の年利というような表示をよく見ることがあります。しかしながら、どの程度の利息が毎月かかってくるのか、よく理解できないのではないでしょうか。ここでは、1か月間にかかる利息の簡単な計算方法についてご紹介しましょう。

金利で年利となっているものは、1年間にかかってくるものです。そのため、利息で1カ月分のものを把握するためには、借金した金額に年利を掛けて365日で割ったものに1カ月の30日を掛けると計算できます。このようなことを考えると面倒になるかも知れないので、計算を具体的な例で行ってみましょう。

例えば、10万円を18%の年利で30日間借金した場合は、10万円に0.18を掛けて365日で割ったものに30日を掛けると1,480円になります。

また、10万円を15%の年利で30日間借金した場合は、同様の計算をすると1,233円になります。計算方法を見てみれば結構難しそうに見えますが、非常に原理は簡単なのです。

また、それでも利息の計算が面倒であるというような場合は、借金した金額に年利を掛けたものを12で割ると1か月分の概算の利息が計算できます。例えば、10万円を18%の年利で30日間借金した場合は、1,500円の利息になります。

これは基本的に概算であり、正しい数値ではないため目安にしましょう。

利息を計算する方法

消費者金融から借金をする場合、支払う必要があるのが利息です。この利息は、借金している間は支払い続ける必要があります。
ここでは、利息を計算する方法についてご紹介しましょう。
利息の計算は、借金の残高に実質年率を掛けたものを365で割って、さらに利用した日数を掛けます。

例えば、30万円を18%の実質年率で借金した場合、30日の1か月間にかかってくる利息は、30万円に0.18を掛けたものを365で割って30を掛けた結果の4,438円になります。このように利息の計算は簡単に行うことができます。

借金した1か月後に返済を1万円行ったと仮定すれば、4,438円が1万円のうちで利息に引き当てされるようになります。1万円を返済した後には5,562円が残り、元金の返済にこの残った5,562円が引き当てされます。そのため、1万円を返済した後の借金は、30万円から5,562円を差し引いた294,438円になります。

つまり30万円の元金が、294,438円になるということです。
次の1か月間にかかってくる利息は、元金の294,438円に0.18を掛けて365で割ったものにさらに30を掛けた結果の4,356円になります。
このように、利息は毎月払い続けるようになります。元金が無くなるまで返済は継続します。なお、この場合には40回の返済回数にもなります。

いくらの利息になるか

借金した場合に、実際に払うお金を利息と言います。では、実際にはいくらの利息になるのでしょうか?ここでは、簡単な利息の計算方法についてご紹介しましょう。

借金しようと思った場合に、利息は非常に気にかかることです。
利息を簡単に計算する方法は、元金に金利を掛けたものを365日で割って、さらに借金した日数を掛けるものです。この場合に、元金というのは借金した金額で、金利というのは借金した金額に対してかかってくる利息額の年間のものを割合で表現したものです。

借金の金額の具体的なもので利息を計算してみましょう。
例えば、元金の50万円を18%の金利で30日の1ヶ月間借金した場合には、50万円に18%を掛けたものを365日で割って、さらに30日を掛けると、1ヵ月で利息は7397円になります。1ヵ月後に、利息の7397円と50万円の元金を払うと完済になります。

しかしながら、1ヶ月で返すことができない場合は、利息が借金していた日数分生じます。一方、よく従来にあった29.2%の金利で借金した場合は、同じように計算すると利息は1ヵ月で12000円になります。借金したのは同じように50万円の場合でも、18%の金利で借金した場合に比較して4000円以上も利息を多く払うようになります。そのため、数%の金利の違いでも利息は非常に違ってきます。

現在は、このような高金利は違法となっており、10万円未満の借金は20%、10万円から100万円未満は18%、100万円を超える場合は15%と上限金利が定められています。
また、法律改正前の金利で借金の返済を続けている人は過払い金の請求をすることができますので、法律事務所へ相談してみるといいでしょう。

参照資料【債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

借金した場合の利息

金利というのはどのようなものなのでしょうか?金利というのは、一定期間借金した場合の費用になります。お金を銀行に預けたような場合には、金利を受け取ることができます。
一方、キャッシングやローンなどによって借金したような場合には、金利を払うようになります。この金利というのは、借金する際にかかってくる費用なのです。

借金する場合は、金利を借金した期間によって払うようになります。金利の割合が高くなるほど、高い費用で借金するようになります。なお、金利の単位については%というようなものになります。
一般的には年利ということで、1年間借金した際にかかってくる金利のことを言います。

例えば、金利5%で10万円を借金すると、金利は年間で10万円に5%を掛けた5000円が生じるようになり、このお金を利息と言います。例えば、13%の年利のキャッシングと5%の年利の公的融資を比較すると、5%の年利の公的融資の方が安い費用で借金できるようになります。
10万円を同じように借金した場合、キャッシングの場合には13000円も年間に費用がかかりますが、年間に5000円で公的融資の場合には済みます。なお、借金する場合には、金利や年利、利息、利子というように同じような言葉が使われます。

詳しいそれぞれの言葉の内容については、ネットなどにおいていろいろ紹介しているので参考にしてみましょう。本サイトでは、いくらの利息になるか、利息を計算する方法、利息の簡単な計算方法、についてご紹介します。