借金した場合の利息

金利というのはどのようなものなのでしょうか?金利というのは、一定期間借金した場合の費用になります。お金を銀行に預けたような場合には、金利を受け取ることができます。
一方、キャッシングやローンなどによって借金したような場合には、金利を払うようになります。この金利というのは、借金する際にかかってくる費用なのです。

借金する場合は、金利を借金した期間によって払うようになります。金利の割合が高くなるほど、高い費用で借金するようになります。なお、金利の単位については%というようなものになります。
一般的には年利ということで、1年間借金した際にかかってくる金利のことを言います。

例えば、金利5%で10万円を借金すると、金利は年間で10万円に5%を掛けた5000円が生じるようになり、このお金を利息と言います。例えば、13%の年利のキャッシングと5%の年利の公的融資を比較すると、5%の年利の公的融資の方が安い費用で借金できるようになります。
10万円を同じように借金した場合、キャッシングの場合には13000円も年間に費用がかかりますが、年間に5000円で公的融資の場合には済みます。なお、借金する場合には、金利や年利、利息、利子というように同じような言葉が使われます。

詳しいそれぞれの言葉の内容については、ネットなどにおいていろいろ紹介しているので参考にしてみましょう。本サイトでは、いくらの利息になるか、利息を計算する方法、利息の簡単な計算方法、についてご紹介します。