利息の簡単な計算方法

借金する場合に何%の年利というような表示をよく見ることがあります。しかしながら、どの程度の利息が毎月かかってくるのか、よく理解できないのではないでしょうか。ここでは、1か月間にかかる利息の簡単な計算方法についてご紹介しましょう。

金利で年利となっているものは、1年間にかかってくるものです。そのため、利息で1カ月分のものを把握するためには、借金した金額に年利を掛けて365日で割ったものに1カ月の30日を掛けると計算できます。このようなことを考えると面倒になるかも知れないので、計算を具体的な例で行ってみましょう。

例えば、10万円を18%の年利で30日間借金した場合は、10万円に0.18を掛けて365日で割ったものに30日を掛けると1,480円になります。

また、10万円を15%の年利で30日間借金した場合は、同様の計算をすると1,233円になります。計算方法を見てみれば結構難しそうに見えますが、非常に原理は簡単なのです。

また、それでも利息の計算が面倒であるというような場合は、借金した金額に年利を掛けたものを12で割ると1か月分の概算の利息が計算できます。例えば、10万円を18%の年利で30日間借金した場合は、1,500円の利息になります。

これは基本的に概算であり、正しい数値ではないため目安にしましょう。