利息を計算する方法

消費者金融から借金をする場合、支払う必要があるのが利息です。この利息は、借金している間は支払い続ける必要があります。
ここでは、利息を計算する方法についてご紹介しましょう。
利息の計算は、借金の残高に実質年率を掛けたものを365で割って、さらに利用した日数を掛けます。

例えば、30万円を18%の実質年率で借金した場合、30日の1か月間にかかってくる利息は、30万円に0.18を掛けたものを365で割って30を掛けた結果の4,438円になります。このように利息の計算は簡単に行うことができます。

借金した1か月後に返済を1万円行ったと仮定すれば、4,438円が1万円のうちで利息に引き当てされるようになります。1万円を返済した後には5,562円が残り、元金の返済にこの残った5,562円が引き当てされます。そのため、1万円を返済した後の借金は、30万円から5,562円を差し引いた294,438円になります。

つまり30万円の元金が、294,438円になるということです。
次の1か月間にかかってくる利息は、元金の294,438円に0.18を掛けて365で割ったものにさらに30を掛けた結果の4,356円になります。
このように、利息は毎月払い続けるようになります。元金が無くなるまで返済は継続します。なお、この場合には40回の返済回数にもなります。